ゆき家の笑うワン達

ゆき家のワン達と日々のドタバタ日記

憔悴の日

今日はグレートデンのルパン君お見合いの日・・
この数週間ゆきママが飼い主さん。里親希望の方と連絡を
取りながらようやくこぎつけた待望の日です。
IMG_7930mz.jpg

午後2時遥々広島から里親希望の方がルパン君の飼い主さん宅へ
到着です。
息子さんとお孫さん(お嬢ちゃん)とでルパン君とご対面・・。


ルパン君、大勢の訪問者に驚いたのかちょっと興奮気味です。
何やら見覚えのあるゆきママに視線が釘漬け・・。

IMG_7931.jpg

里親希望の方は以前ブリーディングや大型犬の訓練をされていたそうです。
普通のデンよりも手足がたくましくて「大きい!!」と驚いておられました。
しばらく触って様子を見ながら、散歩に連れ出しました。
持参された訓練用のスパイク首輪を掛けて檻から外へ・・・。

IMG_7932.jpg

檻を出て、ゆきママの側を通り過ぎようとしたときいきなりこちらへ近づいて
来た瞬間下げていたバッグに突進してきて「えっ!」と思ったらバッグの
ひもが噛みちぎられていました・・。

IMG_7934mz.jpg


里親希望の方、飼い主さんと一緒に歩いてみましたがやっぱり引っ張るは
じゃれるつもりか飛びついたりして落ちついた散歩は出来ませんでした。
デンを2頭飼って居られるという息子さんもじっと様子を見ていましたが
「穏やかなデンとは違ってピットブルを大きくしたような感じ」と衝撃を受けた
ようでした。
そんなに歩いていないのに檻に戻ったあとルパン君はゼーゼーと荒い息・・。
やっぱり、フィラリアの影響のようです。

飼い主さん、「前に飼っていた秋田犬も2年でこんなふうに荒い息をして死んだ」と
言われてフィラリアのことは知っている様子にビックリするやら、呆れるやら・・

里親希望の方、息子さんと相談されて、「この子3ヶ月程度訓練すれば何とかなる
かもしれないけれど、それまでに近くに幼稚園や高校が有るし人を襲いそう」と
結局連れて帰るのを諦められました・・・。

私達も檻の外に出ての様子を初めて見ました。犬がダメと聞いてはいましたが
人にも危害を加えそうな様子に驚愕しました。

飼い主さんの犬の飼い方には呆れましたが、せっかく来て頂いた里親希望の方や
私たちには気遣いをされ決して常識のない方ではありませんでした。
それだけに残念でたまりません。

お見合いを終えて皆さんとお別れして帰る時、ゆきママが「実はさっき・・」
と・・・。
咬まれたわけではなく歯が当たっただけなのでしょうが大型犬だけに・・・。

大した傷ではありませんが、念の為病院で治療してもらいました・・・・。
ゆきママにとっては怪我よりは心に大きな傷を負った様子です。

病院で診察を待っている間に、飼い主さんからと里親希望の方からお詫び
の電話を頂きましたがこちらこそお役にたてず申し訳ない思いでした。

何がいけなかったんだろうと帰って我が家のワンsを散歩させながら考えました。
突然見知らぬ人が沢山取り囲んで興奮した?
ゆきママが肩から掛けた大きなバッグを見て、抱き抱えたワンを襲ったことを
思い出したのかもしれません・・・。

つくづく大型犬の躾けの大切さを思い知らされた一日でした。
う~ん、ルパン君これからどうなるんだろう・・・。




  1. 2015/06/27(土) 23:12:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<退屈なワンs | ホーム | 父の日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yukipapamama.blog.fc2.com/tb.php/178-962b6884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)