ゆき家の笑うワン達

ゆき家のワン達と日々のドタバタ日記

色々あった1週間でした

今日でインフルエンザによる待機時期も終わり・・。
明日からは出勤できます。

今日は体調も良くなって我が家のワンsの世話をしていました。
ゆきママは午前中仕事です。
朝からジェンが食欲もなく食べないので時間をかけてミルクや
ペースト状フードを食べさせていました。

我が家に来た頃のふくです。2014年9月7日のことでした。
近所の廃業した獣医さんの軒先のケージでいつも吠えていて
見かねてゆきママが連れ帰り、我が家で面倒見ていました。
DSC00387.jpg

この子毛が生えないのはクッシング、内臓の病気だからだそうです。
DSC00389trim.jpg

来た頃からずっと、娘と一緒の部屋で夜を過ごすふく
いつもご飯の時間が楽しみで尻尾振りながらくるくる回って
待ちますが、今朝はフードを持っていってもじっとしています。

変だな~と思いながらも一所懸命ジェンに構っていて気が回りません。
ジェンが食事途中で寝てしまったので、部屋に戻りました。

しばらくすると娘が、ふくの様子がおかしいと飛んできました。

横になってもがいていました。
時間はと見ると午後1時を過ぎて病院は休診時間・・・
水を飲ませたり、さすってやってもなかなか落ち着きません。

そうこうしているうち、ゆきママが戻ってきました。
午後は3時からの診察時間それまではどうしようもない・・

ゆきママが抱っこしたり撫でているうちに静かになり
すっと力が抜けました・・・。
プリンの時と同じく眠るように・・・。
年齢不詳、多分12~15歳(♀)幸せの薄い子でした。

IMG_1462.jpg

IMG_1473.jpg

明日、ペット霊園に連れて行って弔って頂きます。

ふくが来て1年と半年足らず・・でも
3年以上一緒にいるような気がします。
この子、散歩が嫌いで外にも出ず、幸せだったんだろうか・・・。

IMG_1477.jpg

軒下で暑さ寒さをようやくしのいでいるよりは
我が家でみんなに見守られて幸せだったとは思うのだけど・・。
こんな子が我が家で保護されていたことを記憶の片隅にでも
置いていただいて、こんな目に遭う子が少なくなれば、
この子も幸せに旅立てると思います。

  1. 2016/03/02(水) 21:47:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4