ゆき家の笑うワン達

ゆき家のワン達と日々のドタバタ日記

パルボからの生還

昨日はミーティングに参加できないこと表明した後、何ともやりきれない
気持ちを紛らせようと久しぶりに鳥見散歩に出かけました。

ウミネコがカメラ目線で写真撮らせてくれました。
IMG_9293t.jpg

海から飛び立った影を見るとこれはミサゴですね・・。

IMG_9303t.jpg

夢中でシャッター切りましたが遠く過ぎ・・。
IMG_9304t.jpg

この最近居ることに気づいたジョウビタキ(♂)もう北の国から
渡って来てたんですね~。

IMG_9309t.jpg

この小さな蛾なんでしょう・・。
ちょっと調べてみましたがわかりませんでした。

IMG_9311t.jpg

今日は気持ちを紛らわせるための散歩ということだったからか
良いモデルが見つからず気に入った写真も撮れませんでした。(゚ー゚;Aアセアセ



_______


センターから我が家に預かった3匹の子犬
発病から1~2日で死亡することも多いという
パルボから奇跡的に生還です。

IMG_9314.jpg

IMG_9315.jpg

この子達我が家に来て下痢嘔吐があったので
病院で診てもらったところ検査キットでパルボと診察されました。

その後、ゆきママの懸命の世話でお腹がすいたと騒ぐほど
元気になりました。v(^^)

感染したらいけないと我が家のワンsに大騒ぎで消毒やワクチンを
済ませました。ワクチンの効果が表れるまで2週間かかるとのこと
ですが今のところ我が家のワンsにも感染はないようです。

でも・・・。

潜伏期間は4~7日ということでまだまだ油断できません。

子犬たちこんなに回復したのでパルボって本当?って
思いましたが、センターに残された子達全員発症して
虹の橋を渡ったとか・・・。

パルボと診断されたとセンターに連絡した時には
まだ何の症状もなかったそうですがその日の夜発症して
みんな助からなかったそうです。

この子達本当に強い生命力と強運の持ち主のようです。
良かったね~。

我が家で2回のワクチンを受けた後、譲渡会に出すことが
出来そうです。

この子達を我が家で引き受けたことで感染を考えると
今週末から出かける予定だったDekawanーFCのミーティング
参加すべきではないと泣く泣くあきらめましたが
子犬たちが助かったこと、我が家のワンsも大丈夫そうなこと
喜ばなければいけませんね・・。



  1. 2015/10/26(月) 20:30:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0